MENU

フィンペシアと若ハゲの関係

呑む育毛剤として薄毛治療薬の代表的なサイドであるフィンペシア
このフィンペシアは若はげにも効果があるのでしょうか?

 

若はげとは初々しい階層で生ずる薄毛の事で、その中にはAGAも含まれます。
つまり、若はげはジヒドロテストステロンの影響で掛かる抜け毛状態という仕事場。そのため、パパホルモンであるテストステロンをAGAの元凶であるジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼの効用を阻害する効果のあるフィンペシアは若はげへの効果も期待できるということです。

 

しかし、フィンペシアはAGA治療薬の代表類サイドではありますが、効力を実感することができる自身とできない自身がいるため、取り入れすれば絶対に効果があるというものではないようです。

 

フィンペシアは「フィナステリド」を主成分とした国初のAGA治療薬で、入手するためにはドクターによる処方が必要となります。

 

元々は前立腺の治療薬として開発された薬で、5αリダクターゼの効用を阻害し、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DTH)の作成を抑制する効力があり、全国素肌科学会のAGA見立て方針でも著しく勧められる治療薬と評価されているものです。

 

効力の素振りには個人差がありますが、効力を実感している人の多くは3か月から6か月程度で何らかの設定を持てるといわれています。

 

しかし、ひとまず取り入れすれば効力が持続するというものではなく、取り入れを取り止めるとその効力もなくなってしまうため、効力を持続させるためには服用し積み重ねる必要があります。また、フィンペシアはAGAの過程を遅らせる効力を期待することができる治療薬ではありますが、あくまで過程を遅らせるだけで、過程を断ち切る効力や発毛を促進させる効果があるわけではないので、服用する場合はその点を留意する必要があります。

 

このように、フィンペシアにはコツがあるため、ドクターの評をよく聞き、服用しましょう。

関連ページ

フィンペシアの服用時間はいつがいい?
フィンペシアの服用時間について質問を受けました。つい先日フィンペシアを始めたばかりです。お越しの際に言われたファクターだと毎日1回と言われただけなのですが、時間は決めた方が良いのでしょうか?