MENU

あなたはフィンペシアの真実を知っていますか?

フィンペシアのリスク

フィンペシアは、インターネットの個人輸入代行サイトで簡単に手に入ります。
プロペシアよりも安いので、プロペシアの代わりに購入している人も多いです。

 

一時期は、フィンペシアのコーティング剤に含まれるキノリンイエローに発がん性があるという噂がインターネットで広まったため、エフペシアなどの代替品に変える人も出ました。

 

その後、フィンペシアにキノリンイエローフリーの新タイプが登場したため、またフィンペシアを使う人が増えたようです。
しかし、キノリンイエローフリーのフィンペシアであっても危険であるということは、ほとんど知られていません。

 

フィンペシアには3つの大きなリスクがあります。
その3つを紹介します。

1.フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品ではない!?

危険なジェネリック医薬品

多くの人が勘違いをしていますが、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではありません!

 

プロペシアの正式なジェネリック医薬品は、2015年に世界で初めてファイザー社が発売しました。
プロペシアの特許はMSD株式会社が保有していたので、それまでは他社はジェネリック医薬品を作ることはできませんでした。
その後、2016年になって、沢井製薬、東和薬品、クラシエ製薬、あすか製薬、武田テバファーマから次々とプロペシアのジェネリック医薬品(フィナステリド錠)が発売されました。

 

しかし、フィンペシアは2015年以前から販売されています。
これはどういうことでしょうか?

 

そのカラクリは、フィンペシアが「インド製」であることです。
インドには医薬品の特許制度がないため、勝手にコピー品を製造できるのです。

 

医薬品の特許制度のある国(日本やアメリア)では、ジェネリック医薬品を販売する前に、政府の承認を得る必要があります。
その政府の承認を得るためには、医薬品メーカーはジェネリック医薬品が先発薬(プロペシア)と同じ効果、効能を持っていることを証明しなければなりません。
もちろん安全性についてのデータも必要となります。

 

しかし、医薬品の特許制度がないインドでは、そもそもジェネリック医薬品という概念がないため、そのような承認制度がありません。
そのため、フィンペシアに先発薬(プロペシア)と同じ効果・効能があるかどうかが、安全であるかどうかは誰も保証してくれないのです。
「インド製の薬は危険」とよく言われるのは、そのような理由があるためです。

2.キノリンイエローフリー=安全ではない!?

キノリンイエロー

フィンペシアは、以前はコーティング剤にキノリンイエローという成分を使用していました。
キノリンイエローは着色料の一種で、国内においては食品への添加が認められていない成分です。
(ちなみに化粧品などへの添加は認められています)

 

問題になったのは、「キノリンイエローに発がん性の可能性がある」という噂がインターネットで広まったためです。
現在では、キノリンイエローを使用しない(キノリンイエローフリー)新タイプのフィンペシアが発売されています。

 

しかし、キノリンイエローフリーのフィンペシアが安全かというと、そうではありません。

 

フィンペシアとプロペシアの成分はまったく異なります。
フィンペシア200mgとプロペシア200mgの錠剤の場合、同じ成分なのはフィナステリド1mgだけです。
残りの199mgは異なる成分で、何が入っているか分かりません。

 

キノリンイエローはコーティング剤という分かりやすい成分だったので話題になりましたが、その他にも危険な成分が入っている可能性は否定できません。
プロペシア(フィナステリド)の副作用に加え、フィンペシアだけに発生する副作用があったとしても何ら不思議ではありません。

 

上でも述べたように、政府の承認も受けていないため、どのような副作用があるかもきちんと報告されていないのが現状です。

3.フィンペシアの販売は違法!?

違法販売

現在、日本国内ではフィンペシアは承認されていないので、フィンペシアを入手するには個人輸入代行サイトを利用するしかありません。
個人輸入代行サイトは一見すると普通の通販サイトのような作りのため、簡単にフィンペシアを購入することができます。

 

しかし、厚生労働省のホームページには、
日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品の個人輸入代行は違法である
とハッキリと記載されています。

 

厚生労働省のホームページの記載を引用します。
引用元:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html

Q.個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。

 

A.最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

 

フィンペシアは日本の薬事法に基づく承認は受けていません。
ということは、フィンペシアの広告、発送などを行うことは、違法な行為だと判断するのが妥当です。


あなたはそれでもフィンペシアを使いますか?

ここまでのポイントをまとめると、以下のようになります。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではない
キノリンイエローフリー=安全ではない
フィンペシアの販売は違法である

このようにフィンペシアを使うのは非常にリスクの高いことなのです。
安全を求めるなら、フィンペシアは使わないでください。フィンペシア以外にも育毛、発毛の手段はあります。
フィンペシア以外の選択肢は大きく分けて2つ。

その1.育毛剤を使用する(薄毛が気になる人、薄毛が始まってきた人におすすめ)

それほど薄毛が進行していないのなら、医薬品であるプロペシアやミノキシジルを使わなくても大丈夫です。

 

市販の育毛剤でもフィンペシアの代わりとなるものがあります。
ただし、どの育毛剤でもいいわけではありません。

 

フィンペシアに代わる育毛剤を選ぶポイントはこちら

 

その2.AGAクリニックでプロペシアを処方してもらう(かなり薄毛が進行している人におすすめ)

薄毛がかなり進行していたり、進行速度が速い方は、個人輸入代行でフィンペシアを買うのではなく、医療機関でプロペシアを処方してもらうことをおすすめします。
ただし、どの医療機関でもいいわけではありません。
プロペシアの処方だけであれば、近所の皮膚科や内科でも処方してくれるところはあります。

 

しかし、薄毛の治療は総合的な判断が必要になります。
その人の生活習慣や体質、頭皮の状態などを総合的に判断して効果的、かつ、副作用の出にくい処方は専門のAGAクリニックでなければできません。

 

AGAクリニックで治療するかどうか迷っているのなら、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

AGAクリニックを選ぶポイントはこちら

 フィンペシアに代わる育毛剤を選ぶポイント

フィンペシアに代わる育毛剤

フィンペシアの代わりとなる育毛剤に求められる条件は3つあります。

  1. 効果が高いこと
  2. 副作用がないこと(安全である)
  3. 手ごろな価格であること

当たり前のようですが、この3つを満たす育毛剤はなかなか無いのが正直なところです。
「効果が高くて副作用もないけど、高い」だったり「安くて副作用もないけど、効かない」だったりと、同時に3つを満たすのは難しいです。

 

特に重視したいのが「副作用がない」ことです。
フィンペシアのリスクを避けて育毛剤を使うのに、副作用がある育毛剤を選ぶのは本末転倒です。

 

数多くある育毛剤の中から、本当におススメできる育毛剤を紹介します。

 

REDEN(リデン)

REDEN REDEN(リデン)は2016年末に発売になったばかりの全く新しい養毛剤です。

 

最大のポイントは「リデンシル」という新しい育毛成分を配合しているところです。
新成分「リデンシル」が頭皮の幹細胞に直接働きかけるという、従来の養毛剤と全く異なるアプローチを取っています。

 

リデンシル3%を配合した試験用トニックを使用した84日間の臨床実験の結果、平均で約1万本、最も効果が高かった人は2万本の効果が見られたということです。
これは1回の植毛に相当する髪の量です。
その効果が認められて、リデンシルは世界最大の化粧品原料展(インコスメティックス)で銀賞を2年連続で受賞しています。

 

通常、育毛剤は最低180日間(6ヶ月)は使ってみないと効果が分からないと言われていますが、リデンの場合は90日間(3ヶ月)で効果が実感できるのも大きな特徴です。

 

リデンは、天然由来にこだわって作られた安心成分で作られているので副作用の心配もありません。

 

通常価格12,800円のところ、今だけ92%オフの初回980円(送料無料)のキャンペーンを行っています。
まずは3か月間、試してみるのにもってこいですね。

 

※このキャンペーンは100名限定、かつ、特定のページからだけしか申し込めない特別なキャンペーンとなっています。
申し込むときは、キャンペーン価格になっていることを必ず確認してください。
(キャンページが終了していたらすみません)

リデンのキャンペーンサイトはこちら

チャップアップ (CHAP UP)

チャップアップ チャップアップは人気No.1の育毛剤です。

人気の秘密は、非常にバランスの取れた成分が配合されている点です。

  • 血流改善を目的とした成分:12種類
  • 硬化の改善を目的とした成分:3種類
  • 皮脂の過剰分泌を抑えることを目的とした成分:2種類
  • 5αリダクターゼの生成を抑制することを目的とした成分:4種類
  • 頭皮環境の改善を目的とした成分:10種類
  • 髪の毛を作ることを目的とした成分:アミノ酸13種類

もちろん副作用のある成分は含まれていません。
しかも、定期コースは育毛剤とサプリメントのセットで、56%OFFになるため、コストパフォーマンスが抜群です。

チャップアップの公式サイトはこちら

フィンジア (FINJIA)

フィンジア フィンジアは2015年に発売された比較的新しいスカルプエッセンスです。

最大の特徴は「キャピキシル」と「ピディオキシジル」を配合していること。

 

「キャピキシル」は、ミノキシジルの3倍の効果を持つと言われている育毛成分です。
「ピディオキシジル」は、別名ミノキシジル誘導体と言って、ミノキシジルを改良して副作用をなくした育毛成分です。

 

医薬品であるミノキシジルは確かに効果があるものの、副作用が出やすいことが最大の問題でした。
その問題を解決したのがキャピキシルとピディオキシジルなのです。

 

フィンペシアを使わずに、副作用ゼロで結果を出したいなら、フィンジアが最もおススメできます。
⇒フィンジアの詳細&レビューはこちら

フィンジアの公式サイトはこちら


 AGAクリニックを選ぶポイント

副作用があるとはいえ、国内で承認を受けているプロペシアは、フィンペシアに比べると何倍も安全です。
AGAクリニックのような医療機関で処方してもらえば、プロペシアを服用して副作用があったとしても、相談できます。
AGAクリニックを選ぶポイントは3つあります。

  • ホームページで治療費を明らかにしているか?
  • 強引な勧誘はないか?
  • 一人ひとりに向き合った処方をしているか?

治療を始める前に、ホームページで治療内容と料金を確認できるクリニックがおすすめです。
治療内容に自信があるAGAクリニックであれば、ホームページに治療内容と料金を載せるはずです。
それをしていないクリニックは、何かしら隠したいことがあるのかもしれません。

 

また、AGAクリニックによっては、どんな人にも同じ処方をするところがあります。
そのようなクリニックでは、一人ひとりに向き合って処方するわけではないため、効果、副作用が出るかどうかは運次第ということになります。

 

3つのポイントをクリアした優良なAGAクリニックをご紹介します。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックは、フィンペシアを個人輸入代行サイトで購入しようとしようと思っていた人に最適なAGA専門病院です。

なぜなら、AGAヘアクリニックは以下のような特徴があるからです。

  • 初診料や再診料が無料
  • スマホを利用した遠隔診療に対応しているので病院に行かなくてよい
  • 薬(フィナステリド配合内服薬)を1ヶ月分から期間の縛りなく処方が可能

 

病院に行かなくてもいいし、診察料もかからない、1ヶ月分から薬を出してもらえるということは、ほとんど通販で薬を購入しているのと同じようなものです。
もちろん、スマホでのオンライン診察は必要ですが、その手間でフィンペシアよりもずっと安全な薬を手に入れることができるのだから、利用しない手はないと思います。

 

ちなみに、フィナステリド配合内服薬(プロペシアのジェネリック医薬品)の価格は1ヶ月分で5,500円です。
危険なフィンペシアを使うのとどちらがいいでしょうか?

AGAヘアクリニックの公式サイトはこちら

ヘアメディカル

ヘアメディカル ヘアメディカルは、1999年に日本で初めて開院した頭髪治療専門クリニックで18年間で170万人の治療実績があります。

これは日本一の実績です。
また、ヘアメディカルなら、医療ローンの取扱がないので、無理に勧誘されることはありません。
(月々の治療費に上限が決められているので安心です)

 

さらに、ヘアメディカルは、「一人ひとりに合わせた600パターン以上のオリジナル処方」を行っています。
また、一人ひとりの原因や生活環境に応じて薬剤(内服薬・外用薬)による治療だけでなく、メンタルケア、食事・生活習慣の指導といった総合的なケアを行っています。
一人ひとりに個別の処方を行っているため、副作用を最小限にとどめるような形での処方が可能になっています。

 

実際に治療を行う前に、無料でカウンセリングを受けることができます。
無料カウンセリングで薄毛の悩みを聞いてもらい、あなたにあった治療方法を提案してくれます。

 

薄毛の悩みは他人には話しづらいものですよね。
一人で悩んでいるなら、まずは無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?

ヘアメディカルの公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック AGAスキンクリニックは、治療を受けた患者の「発毛実感率」が99.4%と非常に高い治療実績を上げていることで人気のあるクリニックです。

 

AGAスキンクリニックのポイントは業界最安値の水準で治療が可能という点です。
月々4,200円という低価格から薄毛治療が始められます。
プロペシアのジェネリック医薬品(ファイザー)の取扱いもあります。

 

AGAスキンクリニックは、全国最大規模を誇る発毛専門クリニックで、全国に40ヵ所を超える発毛専門院があるため、通院するのに便利です。

AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

フィンペシアの副作用に悩まされた体験談

私も以前はフィンペシアを使っていました

実は、私も以前はフィンペシアを使っていました。
AGAクリニックでプロペシアを買うのは高いので、個人輸入代行サイトでフィンペシアを購入していました。

 

しかし、今ではフィンペシアの使用を止めました。

 

使用を止めたきっかけはフィンペシアのある副作用が出たことです。

 

その後、フィンペシアの安全性について調べてみたところ、驚愕の事実を知りました。
と同時に、今までよくフィンペシアを飲んでいたな、と怖くなりました。

もし、フィンペシアの安全性について事前に知っていれば、私はフィンペシアを使うことはありませんでした。
多くの人は、フィンペシアのリスクを十分に知らずに、個人輸入代行サイトからフィンペシアを購入していると思います。

 

フィンペシアのリスクを知った上で購入するのは自己責任ですが、リスクを知らずに購入するのは不幸でしかありません。

そこで、私がフィンペシアについて調べたことを、多くの人に知ってもらうために、このサイトを公開しました。

 

フィンペシアを使い始めてから副作用が出るまで

ED

フィンペシアを服用し始めて数か月すると抜け毛が減って、明らかにフィンペシアの効き目で薄毛が解消されました。
この時はかなり嬉しかったです。

 

しかし、それと前後してフィンペシアの副作用も発生したのです。
正確に言うと、この時はまだフィンペシアの副作用だと気付いてはいませんでしたが。

フィンペシアを数か月続けて、薄毛が解消され始めたころから、男性機能の低下が起こるようになりました。
自分で書いていて情けないのですが……
はっきり言うと「勃たない」のです。

最初はそういう日もあるか、くらいに思っていたのですが、何度か続けてダメになって、急に不安になりました。
当初は原因も分からず、マカやガラナドリンクを飲んだりしてみたのですが、変化なし。

 

男性機能低下の原因が判明!

ストップ

最後の手段として、バイアグラを処方してもらおうとして、病院を訪れました。
そこではじめて、フィンペシアが原因かも知れないと気づいたのです。

 

病院で、普段服用している薬があるか?と聞かれて「プロペシアを飲んでいます」と答えました。
(※フィンペシアと言っても伝わらないかも、と思ってプロペシアと答えました)

 

そうしたところ、プロペシアの副作用として「男性機能の低下」があると説明を受けました。

 

そして、バイアグラを飲むよりも、プロペシアの服用を止めてみたほうがよい、と言われました。

 

お恥ずかしい話ですが、それまでフィンペシア(プロペシア)の副作用について、真剣に考えたことはありませんでした。
なので、副作用として男性機能の低下があるということも、そのとき初めて知りました。

 

これまで自分が何も考えずにフィンペシアを使ってきたことに恐ろしくなりました。
フィンペシアの服用を止めると男性機能の低下は収まりましたが、これが別の深刻な副作用だったとしたら、取り返しがつかなくなっていたところでした。

 

ですから、私と同じような人を増やさないためにも、フィンペシアの危険性をこれからも訴えていきたいと思います。

 

最後にもう一度だけ訊きます。
あなたはそれでもフィンペシアを使いますか?

 

フィンペシアに代わる育毛剤を選ぶポイントはこちら

AGAクリニックを選ぶポイントはこちら

更新履歴